量か?質か?

こんにちは。

講師の福島です。

残すところテストまで1ヶ月。

 

色々フラストレーションの溜まる時期を過ごしてきた皆さん。

 

コロナ禍で大変だったと思います。

 

このフラストレーションを解消するもの。

 

 

それはテストの結果。

 

 

今までやってきたことを復習しながらガツガツ頭に詰めてテストで暴れましょう。

 

さて、今日は

 

 

勉強は量か質か

 

良くある議論について考えていきたいと思います。

 

結論から言いましょう、私は量派です。笑

しかし量派の皆さんとはまた違う意見を持っています。

 

 

質が大事だからこそ量。

これです。

 

数学的にいうならば、質とは量の関数であるということです。

私は常々これについて考えてきました。

 

 

丁寧な勉強が大事。

ごもっともです。

大正解です。

 

丁寧な勉強を素早くやることに意味があるからです。

勉強や試験で問われているのはこの部分です。

 

質という関数の傾き的なものが量なのではないでしょうか。

高校受験の皆さんには少し早い話かもしれませんね笑

 

 

単位時間あたりにより多くの問題が解ける。

単位時間あたりにより多くの原因や結果を考えられる。

 

 

質というものは実はここに真髄があるのではないでしょうか。

 

 

質を追い求めて量をこなせないこと

これは質を追い求められているわけではありません。

質を追い求めるということがすなわち量なんだと思います。

 

 

要するに、量の対義語が質ではない

 

 

ということです。私はそう考えております。

日本語では対義語みたいですけどね。笑

少し対義語にするには残念な気がします。

 

 

質=量÷時間×(定数)

そんな気がしています。

 

 

この定数になにが来るか。

それはこれから皆さんを注意深く観察し、探していくところです!笑

ここを意識してテストまで駆け抜けていきましょう。

講師 福島