宿題

こんばんは。

講師の福島です。

 

 

最近、オンライン授業で宿題をやらない生徒が多発しています。

 

 

オンライン授業に慣れてきたという部分もあると思いますし、

 

 

外に出れない、友達と会えない、遊べない。

このような状況の中でモチベーションを高く保ち。

 

 

『嫌いな』勉強していくこと

 

 

それはすごく難しいことだと思います。

 

 

 

こだなか塾もオンライン授業を導入する前、通常営業をしていたときに宿題を出したことはないです。

 

通い放題制を採用している塾として、宿題を家でやるなら、塾での勉強時間を増やしてほしいという思いがあるからです。

 

 

しかし、オンライン学習になるとどうしても勉強量が落ちてしまうことから、宿題を出させていただいております。

 

家庭での時間の使い方という面で、もしかすると子供達は限界に差し掛かっているのかもしれません。

 

とても苦しいところです。

 

しかし、ここで我慢するしかありませんし、この状況を憂いていても何も解決にはつながりません。

そういう点では、国民全員が、世界中の全員が同じ気持ちだと思います。

 

コロナが収束してほしい。

 

いつかはきっと収束するでしょう。しかし、いつになるかは見当がつきません。

 

その中で一つずつできることをしていきましょう。

 

そして、『好きな』勉強をしたい。

 

そう思って貰えるように私もさらに力を尽くしていきたいと思います。

 

 

さて、話は変わりますが、

 

今まで

私はこだなか塾でオンライン授業を行なってきましたが、

 

今週は自宅からをメインに行わせていただきます。

 

特に変更点はないとは思いますが、ご報告させていただきました。

何卒よろしくお願いいたします。

 

講師 福島

家庭学習

こんばんは。

講師の福島です。

 

緊急事態宣言が発令されてから、かなりの時間が経ちました。

実際に生徒に顔を合わせる機会がなくなり、私も寂しくなってきた頃です。

 

しかし、この状況でも元気な生徒の姿を画面越しでも観察できたときは

ほっとしております。

 

今ある健康、日常、そして無事でいてくれることに感謝です。

 

 

さて、今の生徒の学びの場は

塾や学校から

 

 

 

自宅

 

 

 

という場所がメインになりました。

 

もちろん、塾と各ご家庭がインターネットでつながっているため、時間的に家で塾というものを生徒達が感じているはずです。

 

しかし塾として、痒いところに手が届かない、そんな思いも抱えています。

 

実際、もっとオンラインでできる部分は抱えているので私も日々成長中です。

 

 

現場の指導には敵わないんじゃないか、そう思うことだってあります。

 

しかし、今それは議論に値しませんし、私はコロナショックと呼ばれる一連の影響について、チャンスとしか考えていません。本当に今がチャンスです。

 

 

この期間を経て生徒はさらに成長していきます。

 

というのも、

今のこの状況下で、家庭での勉強ができるようになると

 

 

 

今後の学習効率が一気に上がります。間違いないです。

 

 

 

今までお家での勉強ができなかった生徒が家で勉強できるようになる。

 

これは恐ろしい成長です。

(恥ずかしながら、私は家で勉強したことは一切ありません。笑)

 

本来人間は空間的に気持ちを切り替える機能みたいなものがあると私は思うのですが、

同じ空間の中でやるべきことに対して気持ちを切り替えるのは

 

並の中学生にできることではありません。

こだなか塾生はそこが本当にすごいと思います。

 

このままさらなる成長をしていき

 

 

 

学校が始まった時、学校で勉強で輝けるようになる。

 

 

 

自分に自信を持てるようになる。

 

そこまで目指して、志高く、オンライン授業をやっていきましょう!

 

講師 福島

マナビバキッズ

こんにちは。

講師の福島です。

 

 

ついに国から一律10万円給付の発表がされました。

 

コロナウイルスの影響もあって、日本、そして世界の社会生活がとても大きな変革期を迎えそうです。

 

社会、そして経済がどうコロナとうまく付き合っていけるかが今後の鍵となりそうです。

 

アフターコロナではなく、ウィズコロナで上手に付き合っていけると良いですね!

 

ウィズコロナで最も変化が必要なのは、教育かもしれません。

学校に通えない子どもたちへの教育的なフォローはもちろん、
様々なサポートがなされることにも期待をしたいです。

 

 

さて、話は変わり

 

 

 

3月でこだなか塾を離れ異動となった飛田が武蔵新城で、
『~会員制カルチャー&フィットネススクール~ マナビバキッズ 』を、
5月の連休明けにオープンする予定です。

 

そのご紹介をさせてください。

 

 

 

 

小学生低学年向けに20種類以上の習い事を月額定額で受け放題”という、
全くもって新しいコンセプトを掲げ、
教育に携わっていきます。

 

 

飛田自身、こだなか塾でも小学生低学年のお子さんと関わりがありました。

その中で、子供達に勉強だけではなく、より多くの事柄に触れ、様々な可能性を拡げていきたいという思いを強く持っています。

 

こちらがマナビバキッズのLINEになります。

https://lin.ee/1m6G4AA

今までのこだなか塾のラインは私が引き継ぎましたので、こちらが新しい飛田の連絡先となっております。

必ず登録してください!笑

 

こだなか塾とマナビバキッズでも情報交換し、連携を取りながら、より良い教育をしていきます。

 

いつか、こだなか塾とマナビバキッズで合同企画も実現させていきたいと考えております。

 

子供達により良い教育を還元していくために、そして飛田の新しい挑戦を応援するために、ご協力頂けたらと思います。

 

是非よろしくお願いいたします!

 

講師 福島

人のため尽くす心がそのままに我が身を守る力なりけり

こんばんは。

講師の福島です。

 

久々の更新となりました。欠かさず見ていただいた方々、申し訳ありません。

 

 

オンライン授業を始めて2週目に差し掛かりました。

生徒達がオンラインに飽きずに、このまま突っ走ってくれればと思いますが、我々ももっと授業が楽しくなる仕掛けを考えていかないと行けませんね。

 

そして、神奈川県が緊急事態宣言を発令してから1週間が経ちました。

コロナウイルスの脅威は今でも衰えを知らず、さらに牙を剥いている状態です。

我々にできることはstay at homeということだけなのかもしれません。

 

さて、

 

ふと思い出したので、私がまだ塾に通っていたころの話をします。

 

 

その塾の玄関にはこのような言葉が書いてありました。(私もかつては塾の生徒の一人だったと思うと感慨深いです)

 

 

 

 

 

人のため尽くす心がそのままに我が身を守る力なりけり

 

 

 

 

とても素敵な言葉だと中学生ながら思ったのを懐かしく思います。(こういう言葉を私も考え、塾に飾る立場になりました。早く考えます。笑)

 

 

私は生徒に、そして保護者の皆様にどれぐらい尽くせているのでしょうか。

答えを結果でしか見られないこの世界では、自問自答の日々です。

 

生徒の学力を伸ばすことに真正面から向き合っています。

あまりにも正面からぶつかりすぎて、藁にもすがりたいくらい苦しいことも正直に言えばあります。

 

しかし、

 

コロナウイルスだろうが、世の中にどんな窮地が訪れようと、その状況下で私にできることを。

 

ただひたすらに全力で。

 

自分のためではなく、人のために。

 

これが私の信条です。

 

 

きっとお母様やお父様も子育てに対して同じことを感じているのではないでしょうか。

 

我が子の幸せ

 

それが最も大事です。(まだ親ではないのでわからないですが皆様のお子様への愛は生徒を見れば伝わってきます。)

きっと言葉にせずともこういったことを感じていると思います。

 

コロナウイルスの脅威に対しても、そして日常生活も

苦しい日々が続いています。

 

しかし、人のため尽くす心、それが周りを、そして世界を動かすのかもしれません。

 

私もこの言葉を肝に銘じて、これからも生徒の指導にあたっていきたいと思います。

 

講師 福島

緊急事態宣言

こんばんは。

講師の福島です。

 

 

ついに、安倍首相から

 

 

 

 

緊急事態宣言

 

 

 

が出されました。

 

 

このときを想定して塾のオンライン構想を練っていたので

きちんと考えておいて良かったですし、

タイミングもちょうど良かったと思います。

 

 

しかし、やり方等の連絡はかなり遅れてしまいました。

 

本当に申し訳ありません。

以後徹底してやっていきますのでよろしくお願いいたします。

 

 

 

さて、昨日今日オンライン授業をしてみた感想ですが、

 

難しさを感じる所もあれば、面白さを感じる場面もありました。

 

オンラインではお家の中で勉強するので、お父様やお母様が生徒さんが塾でどのように勉強しているかがわかる。

 

これはすごく良いことだと思っております。

我々はそれを伝える為に面談やブログを投稿しているわけですが、その目で確かめられることよりわかりやすいものはないです。

 

ここで塾の雰囲気や、講師の雰囲気、そしてお子様の勉強への姿勢を感じていただけたらと思います。

 

その反面、オンラインではどうしても手元の動きが見れず、どこにつまづくかの察知がとても難しいです。

生徒の疑問を解消するにはもう少しここに焦点を当てながら授業を考え、生徒の学びを進めていかなければいけません。

そこに関してはまた改善しながらやっていきます。

 

 

今の学生にとってこの状況はきついものかもしれません。

 

生徒にとって主要な学び場、学校も、きっと今後一ヶ月は休校になるでしょう。

 

 

 

しかし、私はそれにより塾に費やしてもらう時間を、チャンスだと考えております。

 

 

 

 

生徒をこの期間でどれだけレベルアップさせられるか。

 

 

学習量を落とさず周りと差をつけられるか。

 

 

ここに真剣に向き合っていきます。

学校は休みになれど、生徒の学びは続いていく。

 

 

この状況に最も適した方法で学習を進めていくことで、生徒や保護者様の一助になれればと思います。

 

私達も成績向上のために尽力していきますので、よろしくお願いいたします。

 

講師 福島

オンライン本格始動

おはようございます。

 

講師の福島です。

 

 

先週から申し上げていた通り、

 

 

こだなか塾は基本的にオンラインで営業させていただくことになりました。

 

 

そのため、家庭で勉強できる環境構築のご協力をお願いいたします。

 

 

私たちも全力でサポートしていきます。

 

 

パソコンの貸し出しも行なっております。

 

パソコンにカメラが搭載されているものではないので、

すららで学習を進めていく小学生にメインで貸し出しを行なっていく次第です。

 

ご不明点ありましたら、是非ご連絡ください。

 

本日からまた切り替えて本格始動していくのでよろしくお願いいたします。

 

講師 福島

コロナウイルス本格化における塾の措置

こんにちは。

講師の福島です。

 

ここ二日間、山際先生にブログを書いていただきました。

 

ここから彼に書いてもらう機会も増えてくると思います、ぜひ彼の妥協のない、スパルタな指導を感じて頂けたらと思います。

 

ここから話は変わります。

 

とても重要な話になるので必ず最後までご覧ください。

 

 

ここから4月を迎えます。

本来であればここから晴れて新学期という形になるのですが、

コロナウイルスの影響が本格化してまいりました。

 

 

先日東京都で会見が開かれました。

結局その会見では具体的でかつ最も効果のある感染対策が行われるわけではありませんでした。

 

3月31日は東京都の感染者数も過去最大を超え

 

オーバーシュートは目前まで来ています。

コロナに対して楽観的に考えるのもここまでが限界です。

東京都で流行してしまえば次にくるのは間違いなく神奈川県です。

 

 

 

ここからの状況はかなり逼迫することが想定されます。

もしかすると国から緊急事態宣言が発令され

ロックダウンになる可能性すらあります。

 

 

 

その上で、これからの塾の営業を考えなければならない時期にさしかかっていると考えております。

 

もちろん最初から考慮に入れながら行動してきました。

 

志村ショックやオリンピックの延期等含め、様々なことが起こり、国民の問題意識が高まったのも事実でしょう。

 

私自身、この対応に苦心しているのは事実です。

 

 

コロナウイルスさえ流行っていなければと思うことは幾度となくありますし、

やりたいことを自粛という形で押さえている部分もあります。

 

 

 

しかし世界に目を当てれば、これよりひどい状況は確実に存在していて

我が日本という国もこのままでは、その一途を辿る可能性が高いです。

 

 

そこで今後の予定について、ある程度塾としての指針を皆様に共有しておきます。

 

 

 

まず、4月3日の登校日に学校がどのような扱いになるかの発表がなされると思います。

その予定次第で今後の対応を決めさせていただきます。

 

 

 

もし、学校が通常通り行われるのであれば

塾も通常通り営業いたします。

 

 

 

そして、もし学校が延期になった場合

ここに関しては塾の現場での指導は行わず

 

 

基本的にオンラインで学習を進めさせていただきます。

 

 

 

かなり難しい状況でありますし、様々なことを想定しなければならないこの場面。

 

ここからの生徒一人一人の学習量は絶対に落とせない。

 

もちろんある程度皆様のご意見を反映させながら、

一人一人に寄り添った、きめ細やかな指導を必ず実現していきます。

 

 

もちろん通常営業の中でのオンライン対応も受け付けておりますし、

休塾の申し出も受け付けています。

 

その中で、我々にできることを見つける。

その中で活路を見出し、

生徒の学力向上を下支えする。

 

全身全霊をかけてこの状況を乗り越えていきます。

乗り越える為にも皆様のご協力が不可欠だと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

講師 福島