指導方針・システム

こだなか塾3つの指導方針


先取り学習

神奈川の多くの学校では、内申:入試:面接=4:4:2の比率で合否を決めます。そのため、内申点をいかにして稼ぐのかが非常に重要になってきます。そして、内申点を取るために定期テストの点数は非常に重要です。ですので、まずは定期テストでいい点数を取るために、5教科全てを対策していきます。

原理理解

勉強をするうえで、大切にしてほしいのは、原理原則を理解するということです。理屈を理解しないでただ覚えることは苦痛だと思います。もちろん、英単語や社会の年号など、基本的に頑張って覚えるしかないものも多くあります。しかし、理由を理解し、原理を知ることで、勉強の効率が上がり、勉強が楽しくなると考えています。分かったと思えるまで、とことん考え抜いてほしいと思います。

アウトプット重視

勉強をするうえで覚えるということから逃げることはできません。そこで、どれだけ問題を解いて練習したか、単語や漢字を練習したかが重要になってきます。決して、「分かる」状態で終わることなく、「できる」ようになるまでこだわってほしいと思います。

 

システム

既存の学習塾

学習塾のスタイルは、集団授業、個別授業、映像授業の大きく3種類に分けられます。それぞれのメリットデメリットは下記の通りです。

個別授業
メリット
・進捗を自分に合わせてくれる
・分からないところをすぐに聞ける
デメリット
・講師の質にばらつきが出る
・進捗を自分に合わせるという名目で、甘えてしまう。
・費用が高い、結果、塾での学習時間が短く家庭学習に依存的になる。

 

集団指導
メリット
・比較的安い
・自分の力量を周りと比べられる。
デメリット
・生徒に合わせた指導が難しい(時間的にも、理解度的にも)
・時間に対する効率はあまりよくない

映像授業
メリット
・比較的安い
・質の高い授業を自分のペースで受けられる。
デメリット
・講師と生徒の関係が薄く、モチベーションが上がりづらい
・演習等をおろそかにしてしまう。

それぞれのシステムにメリット、デメリットがあります。
全ての良さを丸ごと取り込んだシステムはないか、そう考えた結果、小グループと個別、映像のハイブリッド方式にしています。

こだなか塾のシステム


時間無制限の通い放題

まず、こだなか塾では週二回グループ授業を組みます。このグループ授業では、学校の先取りにで授業を進めていきます。
その際、一週間でやるべき課題を出します。生徒さんはその課題に取り組みますが、当然自分一人では解けない問題も多くあると思います。その質問対応を塾に来ていつでも取り組むことができます。
また、計算や漢字の暗記、単語といった毎日やるべきルーティーンワークに関しても、塾で毎日管理します。
また、個別に対応した方がいい部分(例えば、数学でかなり昔の単元が分かっていない、英語でBe動詞が分からないなど)に関しては、個別に対応します。
こうすることで、入試問題に対応する先取り学習と生徒に合わせた個別指導を可能にしています。